オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ユーザー訪問:No.12 株式会社布施製作所

HOME > ユーザー訪問

ユーザー訪問

No.12 株式会社布施製作所

機械加工の現場から

製造から販売までのトータルブランドが目指すのは世界一

これまで、技術者、あるいは匠として小田武彦氏を紹介して来たが、ここでもう一つ大切な側面に触れなければならない。それは、ここから誕生するパターは小田自身がデザインをしているという点である。このことは、受注産業という仕組みにある加工業界として捉えると、いかにも希有の事実である。他の部品や製品の金属加工なら、メーカーなり発注元なりがデザインしたものを切削して形にする、というのが一般的だ。ゴルフのパターという特例だからとしても、加工者がデザイナーという例は珍しいのではないだろうか。しかし、小田の場合は、デザイナーであるべき人が、加工技術者だったと言い替えるべきかもしれない。

正確にボールを打つ、飛ばす、それが目的の道具にもファッションはある。 デザインには実用性のほかに、時流を先取りした魅力が備わっていなければならない。小田は、常々ゴルフパターの市場性や流行に対しての情報を収集し、既に2年、3年先のパターを脳裏に描いていると言う。これが事実なら、市場リサーチからマーケティングを踏まえた商品開発までを、一手に小田が行っていることになる。いや、まさしくこれが「オダ・パター」を誕生させた事実なのだ。

あらためて小田の名刺を見直した。そこには「オールミルドパター製造販売」とあった。販売もしているのである。

小田が差し出したパターを手にし、いぶし銀のようなヘッドをまじまじと眺めてみた。そのフェイス部分の中央に繊細に刻まれたライン模様、その上端に「ODA」の刻印がある。これが「オダ・パターコレクション」の証しである。これはもはや商品というよりも、匠の手掛けた作品にほかならなかった。実用一点張りでない美しいフォルム、そこに小田の感性が込められていると思えた。

最後に、小田氏に将来の夢を聞いた。それは世界一のパターを作ることであり、市場にあっては「オダ・パター」をより多くのゴルファーに使ってもらうことだそうである。名匠の答えは磊落剛胆にして緻密だった。


今回のオークマユーザー訪問は、これまでとはかなり違った感じとなった・・・と、思えたが、そう考えたのは加工業に対しての既成概念がそうさせているに過ぎないということが最後に分かった。本質は少しも変わっていないのである。そこには、我が国のエンジニアたちが幾星霜の時を掛けて築き、受け継いで来た技の集積があった。

もし、ここに何かの違いを求めるとしたら、持てる技をどう使うか、何に使うかということではないだろうか。もちろん、その技も日々進化を続けているのだが。