オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ユーザー訪問:No.3 デイコ インク(DACO Inc.)社

No.3 デイコ インク(DACO Inc.)社

海外ユーザ訪問

4.成果

デイコ インク社のセル式高生産性フライホイール生産の成果には、目を見晴るべきものがあります。その一部を挙げると:

  • 生産性の倍増
  • 自動計測、リングギヤ組み立て、ばり取り、つりあわせなどの二次的操作の組み入れが可能。ロボットがこうした操作を行うため、安全性も高い(リングギヤの組み立てでは摂氏200度にも及ぶ高温のパーツ取り扱いが必要)。
  • 製造作業の細部にいたるまで管理が行き届く。デイコ インク社は従来の方法に比べ、信頼度の高い本プロセスを導入したことによって、常に高品質のパーツ生産が可能となった。
     「工程の最初から最後までパーツに人間の手が触れることはありません」というのがリンドグレーン氏の指摘です。「何があっても1日に24時間フルにパーツを処理できるのが利点です。これまで処理にあたってきた人間がセルチームを組みました。みんな、新しい技術を身につけた上に、生産目標を達成できて喜んでいます。また、セルをさらに改良し、現在のプロセスを向上を図って、さらに優れたパーツを生産しようと、常に努力しています。」
  • 米国内外のキャタピラー社アセンブリラインに納期を守り、確立した手順でパーツを生産・供給する能力。
     最後にリンドグレーン氏は「この仕事をしながら、さらにいろいろと勉強して『素晴らしい』と自画自賛するようなプロセス管理機能を付け加えることができました。顧客側の協力と供給業者のチームワークを得て、今なら何でもできると思いますよ」と締めくくりました。
デイコ インク社フライホイール・セルに独特の機能
  • 横型旋盤による4軸加工でチップの堆積を減らします。
  • 押出し機構とエアーセンサーがパーツの正確なローディングを保証。
  • ロードにロボットを使うことにより処理量が安定。
  • 多様なロボットを使って、計測、組立、トルクテスト、ばり取り、つりあわせなどの操作が可能。
  • 拡張性:顧客の需要上、必要があれば、さらにセルの追加が可能。
  • 処理中ロードモニター(オークマ・ロード・モニター・Bオプション)により工具の摩耗や破損の感知が可能。
  • 旋盤に接続したプリセッタが、工具交換中にオフセット情報を自動ロード。
  • 全パーツの限界寸法の処理後自動計測・点検。
  • 予防保守契約と故障が生じた場合の対応時間保証を含む、製品保証レベルに基づいたオークマ代理店との提携契約。
  • オークマのOASIS(オークマ・アメリカ管理情報システム)のベータテスト・サイトにより、デイコ インク社にリアルタイム管理情報情報を提供するとともに、デイコ インク社のオークマ代理店には自社サービス部門でデイコ インク社の全機械を常時モニターできる方法を提供。

「このユニークな契約のおかげで、OASISは現場からの報告に欠かせない優れたシステムとなっています」とデイコ インク社のブルース・リンドグレーン副社長。