オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ユーザー訪問:No.4 シュルト マシン ワークス インク社

HOME > ユーザー訪問 > No.4 シュルト マシン ワークス インク社

ユーザー訪問

No.4

海外ユーザ訪問

不可能を可能に

テキサス州にあるこの工場は高速・高性能の機械とツーリングの導入で生産性を30%向上させました

シュルト マシン ワークス インク(SHULTE MACHINE WORKS INC.)社

UPDATE:2002.03.29


オークマのLT-10MYで高電圧電気コネクターの加工を行うグレッグ・シュルト氏。写真は、クイックチェンジ・ツーリングシステム"VDIツーリング"。7軸旋盤に標準装備されている。LT-10MYの導入により、現場では40%の作業時間短縮を見込んでいる。


熟練した技術者を見つけるのは容易ではありません。工場のオーナーや経営者に聞いてみて下さい。答えは同じです。「腕の良いCNCの技術者を見つけるのは大変だ。」困った結果、未経験者を自ら訓練・研修しているオーナーや経営者も多いようです。人手不足を残業でしのいでいる工場や、通常より高い賃金で人手を確保している工場もあります。

テキサス州ローゼンバーグのシュルト マシン ワークス インク社では、技術者を探す代わりに別の方法で人材不足を解消しました。この工場では技術者の新規採用はもう何年も行っていません。それでいながら、過去5年間で毎年30%の生産性向上を達成しています。

「生産性の向上は高速・高性能の機械とツーリングのお陰です」と説明するマーカス・シュルト氏はシュルト家の3人兄弟の長男です。父のウェルダン・シュルト氏のパートナーとして兄弟は工場の経営に加わっています。マーカス、次男のグレッグ、三男のマシューはそれぞれ大学で中小企業経営学および情報処理学、工業設計学、会計学を専攻し、学位を取得しました。3人は在学中から家業を手伝い、80年代半ばからは本格的に父の事業に参加するようになりました。

シュルト マシン ワークス インク社はさまざまな精密機械製品を、産業界の幅広い分野に供給しています。供給先は、石油・ガス採掘、航空電子、電機、バルブ、重工業機器、農業用機器などの業界です。扱う材料もまた同様にさまざまで、ステンレス、高ニッケル合金(ハステロイ、インコネル、インコロイ、モネル等)、炭素鋼、真鍮、アルミ、プラスチック、プレキシガラス、テフロン、デルリンなどです。ロットの規模も、1個から1万個までさまざまです。公差は0.015から0.0003インチの範囲内に収まっています。

業務の多様化と改善へのたゆまぬ努力で、シュルト マシン ワークス インク社は市場での競争力を築いてきました。

会社概要
社名 シュルト マシン ワークス インク(SHULTE MACHINE WORKS INC.)社
所在地 テキサス州ローゼンバーグ
創立 1982年
従業員 22名
事業内容 精密機械加工および小型機械組立て
オークマ代理店 テキサス州ヒューストン、リーガル マシン ツール
(Regal Machine Tool)

掲載の内容は、マシニング トゥデイ1999年春号掲載の情報による。