オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ユーザー訪問:No.7 イタテック

No.7 イタテック

機械加工の現場から

2.「イタテック」のメリットとは
「多様な高度技術と安定品質、営業力プラスα」

ところで、「同業者の集まりでは、これまで互いに築いてきたビジネスに支障をきたさないのだろうか?」という疑問がある。これに関して、イタテックの場合は同業12社の得意先は殆ど一致していない。競合しないというだけではない。電子部品であるとか、油圧関係であるとか、というように顧客先企業ごとに製造加工品が異なるのが特徴的だ。

旋盤加工、フライス加工、穴あけ加工などでそれぞれが特徴ある高度な基礎技術を持つ町工場であり、結束しグループとして活動することで、仮に12社が同じNC旋盤やマシニングセンタで加工を行っていたとしても、12の独自性を発揮できることになる。

グループによる最大の強みは、人も機械も一町工場の比ではないことである。一挙に圧倒的な数と種類の工作機械が揃い、熟練技術者の層は何倍も厚くなる。また、活動拠点である板橋エリアを一つの事業体グランドと見立てることで、材料や加工品の調達・搬送などにかかる物流コストの軽減を図ることがあげられる。

発注側である顧客先企業としても、加工を外部へ発注するとき、1対1の対応においては連絡や指示など相互の調整に手間取ることが予想されるが、イタテックではグループ内から即応できる幹事会社が、メインとそのサポートとして複数社一組となって対応でき、発注コストが軽減される。

一方、町工場各社としては、単独では控えめになりがちであった営業交渉の面で、メリハリある対応ができる。いわゆる共同受注による持ち合いの「交渉力」だ。一町工場では、大手発注元に対して、対等に交渉できないという部分が少なからずあった。実際に日本の企業土壌には、系列やヒエラルキーといった構造的理由からビジネス機会を得られにくい。ここが共同受注グループとして営業力向上の見せ場である。

さらに、総じて納期の短縮化により、仕事の回転率の向上にもつなげられるというプラスαのメリットもある。


工場改善勉強会

「機械部品加工のワンストップショッピング」

受注後は、単品、試作品から量産品に至るまで、工程設計、加工、表面処理、組立、出荷検査と、前述したようにグループ内の豊富な技術と設備力のなかから、受注内容に呼応した事業所をセレクトし、あるいは幾つかが複合的に組み合わせてタスクフォース化することにより、多様な顧客要望にも対応できる。
特に、受注から出荷までをグループ内担当各社による責任ある役割分担とチェック体制を用意し、万が一のクレーム発生という事態に対しても、12社による共同体制で責任ある対応の下に迅速な処理を期待できるなど、安心感ある対顧客向けソリューションを徹底している。

このように、グループ化による最大のメリットは、各社がいつでも新たな受注に対応できることを実現したアライアンス効果といえる。
グループ活動により提案される顧客メリットを、イタテックでは「機械部品加工のワンストップショッピング」と名付けている。


JICA中央アジア研修団と状況交換会

「着実に成果をあげ、グループの目指す次は」

共同受注グループとしての具体的な実績例としては、昨年のことになるが、系列化が進む自動車業界にあってとりわけ注目度の高いスズキ(株)からの引き合いがあり、それに応えての結果、高い加工技術、商社などの中間を介さない直接取引による適正なプライスポイント、品質に対する終始一貫した姿勢などが高く評価された。これにより、今後のさらなる取引拡大へとつながることも予想されている。

製造業における今日的ニーズとして熟知されながらも、具現化にはシビアな障壁が立ちはだかる生産コストの低減、納期短縮とジャストインへの対応、少ロット・高品質化といった課題に対して、共同受注グループという新しい切り口から、一つの答えが見えてくるようである。

話がややビックになるが、イタテックの目指すところは「板橋ブランド」の創成であり、かつそれが世界ブランドとなることだそうである。


品質改善勉強会