オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ユーザー訪問:No.8 ワカシャーエンジン社

No.8 ワカシャーエンジン社

海外ユーザ訪問

3.対話を欠かさず

チームの努力はプロジェクトの成功にとって欠かすことのできないものですが、その努力が実るためには最終段階のキーポイントを押さえていなければなりません。

・情報伝達 ― リバ氏とラムス氏は、内部チームメンバー、経営陣、供給業者、請負業者がスケジュール通りに動いているかどうかを確認して、プロジェクトの状況を把握しました。リバ氏は、進み具合を監視し、週間会議で管理者に報告しました。「プロジェクトの進行や予算の再検討にとっては週一回のタイミングが最適でした。もし月に一回しか会合を開いていなかったら、いろいろと抜けが出ていたでしょう。」とリバ氏はコメントしています。

リバ氏がオークマ・アメリカとオークマの販売代理店を信頼しているのは、情報提供やサポートがきめ細かいためです。「私共の保守スタッフは、弊社の他のマシニングセンタや旋盤に対するオークマ販売代理店のタイムリーなサービスを常に評価してきました。このプロジェクトチームでは、オークマ・アプリケーションの技術サポートが重要な成功要因となりました。」と彼は言います。

この販売代理店は当初からプロジェクトに関わり、従来の加工工程時間の分析を熱心に行いました。ワカシャーエンジン社からオフィスを提供されるほどでした。その結果、彼らは夜間に働いている者も含めすべての従業員と意見を交わし、機械に必要な機能を確認して加工工程に関する提案を行いました。プロジェクトの進行に沿って、販売代理店とオークマのスタッフの双方が設計図を検証し、どんな重要な細目も見落とされることなくすべての技術的問題が解決されていることを確認しました。

このように規模の大きなプロジェクトが成り立つ要因は、新たなアイデアがそれまでとは違った取り組み方を要求するからなのです。「1つの例として、クランクケースのメインサドルのピッチを刻み方として私共が希望した方法があります。これを実施するためには、パンケーキ状の平板なヘッドが必要でした。オークマは私共の設計通り希望のものを作ってくれたのです。」とリバ氏は当時を振り返ります。

最後に、ラムス氏は次のようにしめくくりました。「それは、最大限のきめの細かいカスタマイズでした。ワカシャーエンジン社は、顧客の用途に合わせてエンジンをカスタマイズする先達者です。私共は、顧客が必要とする量と納期に応じて建造物とエンジンの加工工程をカスタマイズしなければなりませんでした。その間、オークマは、その門形マシニングセンタと補機を私共のニーズに合わせてカスタマイズしていたのです。」


Waukeshaエンジンは、これまでこの会社の最大の市場分野であった石油・天然ガス業界の多くの海洋掘削現場で使用されています。