オークマ株式会社
オークマメリット
オークマ株式会社 HOME
ADMAC-Parts:多「才」な機能

HOME > IT製品情報 > ADMAC-Parts > 多「才」な機能

IT製品情報

OSP-Umec

多「才」な機能

ADMAC-Partsは、CAD/CAM機能以外に多数の機能を備えています。これらの機能を有効に使うことで、お客様の「モノづくり」を総合的に支援します。 ここではCAD/CAM以外の機能を紹介します。

対話入力(オプション らくらく対話アドバンスL/M, らくらく対話XL/XM)

使い慣れた「対話操作」(NC装置に搭載された自動プロ)が、パソコン上でもご利用いただけます。

旋盤用

マシニング用

ADMAC-Parts と
本機「らくらく対話」との連携

詳細はこちら



プログラム確認 (NCプログラムシミュレーション機能)

OSPプログラムをパソコン上でシミュレーションできます。OSP独自の固定サイクル・マクロ・各種変数にも対応しています。

詳細はこちら



3Dバーチャモニタ (オプション NCプログラムシミュレーション機能+干渉チェック機能)

オークマの各種工作機械の動作をパソコン上でリアルに確認できます。工具・治具などの干渉チェックができます。
※3Dバーチャモニタ単体の販売もあります。

詳細はこちら



加工管理

CAD/CAMや対話で作成したデータを、キーワードとサムネイルで管理し、すぐに取り出せます。

詳細はこちら



ADMAC通信(オプション)

RS232C通信にて、OSP5020以降のNC装置とパソコンとのNCプログラム通信ができます。

※機械側にイーサネット機能が準備されていれば、パソコンのLANにてNCプログラム転送ができます。



2019年3月リリースのVer.2.22の新機能の一部をご紹介します。
  • 1)Turning/Milling共通

    全般
    ・マウスカーソルのサイズ変更
    ・図形ウィンドウの座標軸表示

  • 2)Turning

    加工機能
    ・中凹形状部品の旋削における下り段形状の自動生成



  • 3)Milling

    加工機能
    ・CADカッターパス加工の機能改良
    ・穴位置データのテキスト入出力


詳細はこちら


バージョンアップ履歴はこちら↓

V2.21の追加機能紹介(2018年3月リリース)

V2.20の追加機能紹介(2017年3月リリース)

V2.19の追加機能紹介(2016年3月リリース)

V2.18の追加機能紹介(2015年3月リリース)

V2.17の追加機能紹介(2014年3月リリース)

V2.16の追加機能紹介(2013年3月リリース)

V2.15の追加機能紹介(2012年3月リリース)

V2.14の追加機能紹介(2011年3月リリース)